今後の賃貸経営を左右する【高齢者入居促進のための安心プラン】のご紹介

管理

少子高齢化社会において、単身高齢者の入居受入れは空室対策のひとつとして有効な手段です。
高齢者は長期入院などの理由により退去してしまう可能性もありますが、一度入居すると引っ越すのも大変なため、一般的には長期入居が見込まれます。
転勤や転職、子どもの誕生や進学などのライフイベントもなく引っ越す必要もないため、余程のことがない限りは長く住み続けてくれる可能性が高く、オーナー様にとってはメリットといえます。

2022-05-22

【新聞掲載記事】全国賃貸住宅新聞 No.1495(2022年2月7日)

【雑誌・新聞】掲載記事

埼玉県川口市を中心に関東圏内で2400戸を管理するエストハウジング(埼玉県川口市)は、2019年ごろから社内のDX(デジタルトランスフォーメーション)化に取り組み始め、現在、契約時の電子申し込み率が90%を超える。
DXの業務効率化によりできた時間を、オーナーコミュニケーションや仲介会社向けの管理物件情報作成に割り当て、より正確で詳細な業務が遂行できるよう注力している。

2022-02-19

コスト削減!【共用部電気代】

管理

不動産経営には、共用部分の電気・水道、修繕・リフォーム費用、消防点検費用、火災保険料、税金、管理費…など、維持管理のための様々な費用が発生します。
このようなランニングコストを少しでも削減し、手元に残る収入を増やすことが、不動産経営の成功のカギともいえます。
今回は削減しやすいランニングコスト『共用部の電気代』に焦点を当て、具体的なコスト削減の方法をみていきたいと思います。

2021-10-23

きちんとおこなっていますか?【消防用設備点検】

管理

消防法により消防用設備等を設置することが義務付けられている防火対象物の関係者(所有者・管理者・占有者)は、その設置した消防用設備等を定期的に点検し、その結果を消防長または消防署長に報告する義務があります。
消防用設備等は、いついかなる場合に火災が発生しても確実に機能を発揮するものでなければならないので、日頃の維持管理が十分に行われることが必要です。

2021-08-31